コムスコア・ジャパンによる日本の検索プロパティのランキング。ヤフーが51.2%で首位、グーグルは39.0%、マイクロソフトは1.5%

米ネット視聴率調査会社・comScoreが2008年11月26日に、日本国内の検索プロパティランキングを発表しました。

その結果、検索エンジンシェアは、Yahoo!JAPANが51.2%Googleが39.0%だった。Microsoftの検索シェアはわずか1.5%だったそうです。

ちなみに、2007年9月に発表したデータでは、検索シェアがYahoo!JAPAN: 47.4%、Google 35.0%。

集計方法は、コムスコアのqSearch2.0サービスにより集計したデータをもとに出た結果のようです。

コムスコアが2008年9月の日本における検索ランキングを発表