米Googleは2009年10月12日、
GoogleがWEB管理者向けにサービスを行っている
Google Webmaster Toolに新機能が搭載されました。

Fetch as Googlebot
クローラ(Googlebot)がウェブページにアクセスした時に見ている情報を表示する
といった機能です。

本来の目的としては、

マルウェアなどの悪意のあるコードを検出するのに役立つこともできると
米googleでも発表されています。

091015_01

Google Webmaster Toolの使い方

091015_02

  1. Google Webmaster Toolへログイン
  2. メニューのLabsをクリック
  3. Fetch as Googlebotをクリック
  4. 取得する URL を入力。ホームページを取得する場合は空白のまま取得する。

この機能は実験的にテストしフォードバックをもらっている状態ですので
今後随時変更、中断、提供中止される可能性がありそうです。

やはり開発途中ということでまだまだ使いづらい点もあります。
たとえば、入力して送信したページの削除が行えなかったり・・・

まだまだ改善されるところはありそうですね!

公式ブログ(英)でも公開されています。

Fetch as Googlebot and Malware details — now in Webmaster Tools Labs!
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2009/10/fetch-as-googlebot-and-malware-details.html