携帯サイトを構築中に問題が発覚しました。

携帯サイトでは問題なく表示されるのですが、
FF(Firefox)で見れるのにIE(Internet Explorer)でサイトが見れなくなってしまいました。

いったい全体どうしたものか・・・

いろいろ調べてみると、原因は
ソースはXHTMLで記述されているがIE7あたりからXHTMLとして認識されず、ページのファイルを落としてこようとすることが分かりました。

application/xhtml+xml;

が対応していないときにでる現象のようです。

これを解決するには

  • apacheの設定をする
  • 落としてきて.htmlや.htmに変更して開く
  • レジストリファイルを開いて設定する

といったことで見れるようになるそうです。

参考になりそうなサイトをメモ書き

application/xhtml+xmlで提供されるコンテンツについて

application/xhtml+xmlのコンテンツをWinIEで表示する

WinIEでもapplication/xhtml+xmlのコンテンツを表示させる方法はあります。 まず、システムに変更を加えずに表示させるためには、まず該当の文書をローカルに保存し、そのファイルを表示します。 この時に拡張子を.html、もしくは.htmにしてください。 XHTML文書ですが、HTML文書として無理矢理表示させることが可能です(XHTML固有の表記や、他のXML規格を含む場合はまともに表示できません)。

またもっと手軽に表示させるには、システムの設定を変更します。 レジストリのContent-Typeのデータベース上にapplication/xhtml+xmlを登録するのです。 レジストリファイルを用意していますので、 このファイルを保存し、レジストリに結合(Explorerでダブルクリック)すれば表示できるようになります。 ですが、HTTP_ACCEPTはこれでも変更されないため、日記ではエラーが表示されます (そのエラーにあるリンクから強制的に本来の内容にアクセスするとCookieに記録され、エラーは表示されなくなります)。

ただし、この場合でもWinIEはXHTML文書をHTML文書として表示していることに注意してください。 XHTML固有の表記や、他のXML規格を含む場合はまともに表示できません。 また、レジストリの変更を伴いますので自己責任で行ってください

こちらのページも参考になる予感。

AddType application/xhtml+xml .html はパソコン(IE等)で表示されない

どうしたらよいかたどり着いた結果は、
phpによるキャリアとパソコンページの振り分けをする事でした。